本文へスキップ

BRANDS


DIESEL

1978年、レンツォ・ロッソにより「DIESEL(ディーゼル)」誕生。「DIESEL」という名前は、世界中で同じように発音されて覚えやすく、当時新たなエネルギーとして注目されていたディーゼル燃料のように世間を活気づけたいという思いからつけられた。
79年、初のメンズトータルコレクション展開。84年、初めてのキッズライン“DIESELITO”誕生。89年、レディースラインが誕生。91年、グローバルマーケティング戦略に基づき、広告キャンペーンを展開。94年、プレミアム・ストリートウェア・ブランド「55DSL」誕生。96年、ディーゼルの最初の旗艦店をニューヨーク、ローマ、ロンドンにオープン。
99年日本初のディーゼルストアを東京と大阪にオープン。同年、55DSLとDIESEL KIDSが、それぞれ独立会社としてスピンオフ。2000年、世界初のDIESEL DENIM GALLERYを大阪にオープン。2001年「DIESEL:U:MUSIC」がイギリスでスタート。
2002年、カール ラガーフェルドとコラボレートし、「Lagerfeld Gallery by DIESEL」を展開。世界中のファッションデザインスクールの学生や新卒者のためのファッションコンテスト「ITS」のサポートをスタート。同年、レンツォ・ロッソがメゾン マルタン マルジェラの株主になる。
2004年、若手アーティストの作品発表の場を与えるアートプロジェクト、DIESEL WALLがミラノ中心部でスタート。2005年、ニューヨークのファッション・ウィークに初参加。
2007年、ジョン ガリアーノから新たに誕生するキッズラインの製造および全世界における販売の独占ライセンス契約を締結。同年、アディダスとパートナーシップを組み、コラボレーションアイテム「adidas Originals Denim by DIESEL」を発表。

*取扱店舗【AKITA、KORIYAMA、NIIGATA、CROSSTERRACS】

DIESEL BLACK GOLD

2007年、DIESEL BLACK GOLDがスタート。
2007年、イタリアにて「DIESEL BLACK GOLD(ディーゼル ブラック ゴールド)」が誕生。
DIESEL BLACK GOLDは洗練されたスタイルのなかに斬新さと個性をあわせ持つディーゼルのコンテンポラリーコレクション。
2008年、「DIESEL BLACK GOLD」の初コレクションをNYファッション・ウィーク期間中に発表。
2010A/Wシーズンより、アテネ・オリンピック開会式の衣装を手掛けたことでも有名なギリシャ人デザイナー、ソフィア ココサラキがレディースデザイナーに就任。
なお、メンズコレクションに関しては、ディーゼル・クリエイティブ・チームが手がけている。
2010年、2010A/Wコレクションをショー形式で東京の国立競技場にて披露。

*取扱店舗【AKITA、KORIYAMA、NIIGATA、CROSSTERRACS】

DSQUARED2

ディーン・ケイティン(Dean Caten)、ダン・ケイティン(Dan Caten)は1965年、カナダ生まれ。ディーン、ダンは双子で父はイタリア人、母はイギリス人という家系に育つ。パーソンズ出身。トロントでデザイナーとして6年のキャリアを積んだ後、ニューヨーク生活を経て、92年にミラノに渡りデザイナーやスタイリストをしながらファッションビジネスを学ぶ。その後、「ディースクエアード:D2」を設立。
94年、パリの展示会「SEHM」で初めて「ディースクエアード:D2」の名でコレクションを発表。96年、ミラノコレクションに初参加。2003S/Sシーズンにメンズラインでファッションショーを行い、ショーデビューを飾る。
2003A/Wからはレディスラインも本格的にスタート。2003年度にはGQの「Men of the Year Breakout Design Team」アワードを受賞。
2004年、東京・南青山に「ディースクエアード」のフルラインが揃うショップの「ATTIC(アティック)」がオープン。 店名の「ATTIC(アティック)」とは、英語で「屋根裏」を意味する言葉。屋根裏を探検するように、ワクワクした気持ちで宝物探しをしてほしいという願いが込められている。
2009年、ブリトニー・スピアーズのツアー衣装をディースクエアードがデザイン。2010年、バンクーバーオリンピックにてカナダ選手に衣装を提供。2011年にパリ、2012年に東京銀座に旗艦店をオープン。
ディースクエアードの顧客にはリッキー・マーティン、ニコラス・ケイジ、ジャスティン・ティンバーレイク、レニー・グラヴィッツなど有名人も多く、マドンナのワールドツアーには、150点以上の衣装を手掛けた。現在はディーゼル社がバックアップをしている。

*取扱店舗【 AKITA 】

HYDROGEN

「HYDROGEN(ハイドロゲン)」はイタリアのラグジュアリースポーツウェアブランドとして2003年にデビュー。
1歩先を行く燃料(=水素)という意味でネーミングされたレディス&メンズ カジュアルウェア「ハイドロゲン」はFIATのロゴジャージで人気が爆発し、車以外にも他業種の有名ロゴシリーズを展開。
ブルゾン、シャツ、ポロシャツなどを中心に、高級スポーツ系カジュアルブランドという独自の路線を進んでいます。

*取扱店舗【 AKITA 】

lucien pellat-finet

86年、自身の名を冠した「ルシアン ペラフィネ」というブティックをパリにオープン。
ルシアン ペラフィネ(lucien pellat-finet)はフランスのファッションブランド。特にカシミアを使用したコレクションが有名。
ルシアン ペラフィネ(lucien pellat-finet)はフランス、ニース生まれ。69年にニースのビジネススクール、「SUP DE CO」を卒業。
ビジネススクール卒業後、「ピエール カルダン」のジュニア・ラインのモデルを勤めるかたわら、パリ版、「ヴォーグ・オム」誌でファッション・エディターを勤める。1974年、ティエリー・ミュグレーのプレタポルテで、小物のスタイリングを手がける。 その後、シャネルのスタイリングを担当した後に一時活動休止。
活動休止期間に世界中を放浪する。旅行中に職人のウィンドウに飾られたカシミアセーターに出会った事がきっかけでカシミアでデザインをすることを決意。

*取扱店舗【 AKITA 】

COMME des GARCONS HOMME

デザイナーの川久保玲(Rei Kawakubo)は1942年東京生まれ。慶応大学卒業。旭化成に入社し、繊維宣伝部でスタイリストを経験。その後フリーランスの活動を経て、1973年にコム デ ギャルソンを設立、レディースウェアの製造販売を開始。ブランド名の由来はフランス語で「少年のように」、川久保は、ファッションの正規教育を受けていない。
75年に東京コレクション初参加。78年にメンズラインである「コム デ ギャルソン オム(COMME des GARCONS HOMME)」がスタート。
コム デ ギャルソンのスタイルは、社会に流されることのない、自立した女性像をデザインに落とし込んだもので、従来型の女性らしさのない、ルーズなシルエットに黒などモノトーンな色を多様、孤高の女性を描いた。
また顧客向けにビジュアル誌を発行するなど、顧客とのコミュニケーションも独特で、広告や写真に登場するモデルはカメラを睨み付けるような表情だった。コム デ ギャルソンはこのようなスタイルから、一部から熱狂的な支持を得て、80年代には、黒の服におかっぱ頭の女性が街中を歩き、「カラス族」と言われるスタイルを生み出した。
日本で成功をおさめると、当時パートナーだった山本耀司(ヨウジヤマモト)とパリに渡り、81年にパリ プレタポルテ・コレクションにデビュー。それ以来、パリを中心にコレクションを展開している。

*取扱店舗【 AKITA 】

MONCLER

モンクレールはレネ・ラミヨンとアンドレ・バンサンが1952年に創業。ブランド名は「モネステ・ド・クレァモン:Monestier de Clermont」の文字を組み合わせた造語。もともとはテントやシェラフ、ウェアといった登山家のための装備を手掛ける企業だった。ダウンウェアの原型は工場で働くスタッフの防寒用に作製した手足を出せるシェラフから生まれた。 ブランドとしての大きな成長はリオネル・テレイをアドバイザーにむかえたことがきっかけとなる。
フランス人として初めてヒマラヤ登頂に成功した世界的アルピニスト(登山家)のリオネル・テレイをアドバイザーに向かえ、登山家によりよいダウンウェアを作るための製品改良に着手。アルピニストにとってはしっかりと動け、保温力に優れた装備は必要不可欠なもので、最高峰の登山の成功、生死に関わる問題だったのだ。

*取扱店舗【 AKITA 】

bark

ブランドのはじまり:2011年、イタリアで設立。
バークについて:バーク(Bark)は、2011年に設立された、イタリアのニットブランド。ニットウエアに強い専門知識をもつデザイナー、パオロ・ピエロッティによりマネジメントされている。
ブランドコンセプトは、「アイデンティティ、独自のスタイル、個性、キャラクター」で、シンプルながらも力強いデザインが特徴。定番アイテムは、ダッフルコートをはじめとするニットアウターで、世界特許をもつ「Bark 編み」の技術が驚きの暖かさを実現している。
“古き良きディテールのデザイン”と“現代的なシルエット”のバランスが、世界で人気を博している。
2015年8月、表参道ヒルズにアジア地区初店舗を出店。

*取扱店舗【 AKITA 】

STORES